エクオールとエストロゲンの関係

年齢による女性の悩みは、女性ホルモンが関係していると言われています。

そしてその女性ホルモンと似た構造をしているエクオールという成分に大きな期待が集まっているのです。

女性ホルモンという言葉を知らない方はいないと思いますが、どのような働きをしているのか詳しく説明できる方は少ないかもしれません。

ここでは、エクオールが似ている働きをすると言われているエストロゲンについてご説明したいと思います。

 

女性ホルモンとは

女性ホルモンとは

男性に比べて、女性は年齢による悩みや、月のリズムなど、心や体がゆらぎやすいですよね。

どうしてなのでしょうか。それは、女性は女性ホルモンにコントロールされているからなのです。

加齢やストレスなどの様々な要因でホルモンバランスが乱れてしまうと、心や体に色々な悩みが出てくるのです。

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンがあります。

エストロゲンとは、女性らしさをつくる働きがあります。自律神経や感情、脳の動きにも関係しているホルモンです。

骨や血液にも影響を与えています。また、子宮や乳腺の発育など、妊娠に備える働きもあります。

一方、プロゲステロンは、妊娠を助ける働きをします。

子宮内膜の状態を整えて受精卵が着床しやすくしたり、妊娠を継続させるための働きをします。

この2つの女性ホルモンがたっぷりある若い時には体も心もお肌もいきいきしているのですが、30代をすぎるとどんどん減ってきます。

そして現れるのが、ゆらぎ世代の悩みなのです。

女性ホルモンは実に様々な働きをしているのですね。だからこそ、その成分が減少することは女性にとって非常に痛手となってしまうのですね。

 

エストロゲンに似た成分は?

エストロゲンに似た成分は?

女性ホルモンのエストロゲンが減少することにより、感情面や健康面の悩みが出てくるとされています。

加齢によるエストロゲンの減少を止めることはできません。

しかし、エストロゲンを同じような成分を補うことで、エストロゲンの働きを保つことができるのではなかと考えたのです。

そこで注目されたのがエクオールという成分です。大豆イソフラボンから生み出される成分なのですが、大豆イソフラボン以上にエストロゲンの働きと似ているということがわかってきたのです。

 

エクオールを産生させるための食品は?

エクオールを産生させるための食品は?

エクオールをどんどん増やすことにより、不足してきた女性ホルモンをサポートしてくれることがわかってきました。

そのためには、大豆イソフラボンを摂るために、大豆製品を積極的に摂ると良いでしょう。

豆腐、納豆、豆乳、味噌、醤油などを毎日の食事に取り入れると良いですね。

 

エクオールを増やすための食材とは?

エクオールを増やすための食材とは?

エクオールを生み出すために、大豆製品を摂ることが良いとされていますが、さらにある食材を一緒に食べることによって、より多くのエクオールが生み出されると言われています。

それは、「寒天」です。

テレビ番組でも紹介されて話題になったので、知っている方もいらっしゃるかもしれません。

寒天は水分を吸収する力が優れており、1gの寒天で100ccもの水分を含むことができます。

すこやかで、軽やかな体作りにも人気の食材ですよね。この寒天がお腹の状態を整えてくれて、エクオールを生み出しやすい環境にしてくれると期待されているのです。

寒天は、体にもお肌にも嬉しい食材です。さらにエクオールの効果も高めてくれるのであれば、スーパー食材ですね。毎日の食事にプラスしたいです。

 

以上、女性ホルモンの一種であるエストロゲンとエクオールの関係についてご紹介してきました。

女性の体をコントロールしている女性ホルモンはとても大切な存在ですが、少なくなってくると体が不安定になってしまいます。

残念ならが年齢による減少は止められません。

しかし、エクオールがそのバランスを保つサポートをしてくるのであれば、悩みの多い女性にとってまさに救世主のような存在ですよね。

 


 

エクオールサプリ

厳選エクオールサプリメント(トップ記事)
女性のな悩みに優れた効果が有るとエクオールが今話題。ただエクオールを作れない女性は半数以上とうい結果もあり効率良く摂取する事が課題です。そこで効率の良いサプリメントが注目人気ですが、多種多様で粗悪な物まであります。私管理人が条件(含有量、品質など)を設け、高品質のみエクオールを3つ厳選してみました。迷われている人はご参考にしてみて下さい。