エクオールとイソフラボンの関係

女性の体に良い食べ物と言えば、大豆が有名ですよね。

美容と健康のために毎日納豆を食べているという方もいらっしゃると思います。

大豆はどのような理由から女性に嬉しい食べ物なのかご存知でしょうか。そ

れはイソフラボンという成分にあります。

大豆イソフラボンという言葉は聞いたことがあると思います。そして大豆イソフラボンから産生されるのがエクオールなのです。

ここでは、エクオールのもとになるイソフラボンについて詳しく見てきたいと思います。

 

イソフラボンとは?

エクオールとは?

イソフラボンは、大豆に含まれているポリフェノールの一種です。

大豆の胚芽の部分に多く含まれています。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをすると言われてきました。

そこで、大豆をたくさん食べると女性ホルモンが増えるのと同じような状況になり、お肌の調子が良くなってきたり、若々しい元気な体になれると期待されているのです。

1日に必要な分を摂取するためには、納豆1パックや豆腐2/3丁、油揚げ1/2枚などを食べると良いとされています。

女性の体に良いとされてきたのは、イソフラボンの存在が大きかったのですね。

 

エクオールとは?

エクオールとは?

大豆イソフラボンは女性の体に良いと成分と言われてきましたが、最近の研究の中で、大豆イソフラボンから生み出されるエクオールの方が、女性ホルモンに似た構造をしていて、女性の体をサポートする力に優れているということがわかってきました。

 

エクオール産生の仕組みは?

エクオール産生の仕組みは?

大豆イソフラボンは、アグリコン型とグリコシド型という2つの型に分けられます。

アグリコン型は糖がとれているので吸収されやすく、グリコシド型は糖がくっついているので吸収されにくいという特徴があります。

さらにこの吸収されやすい方のアグリコン型はダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインの3つに分類されます。

そしてダイゼインが、腸内細菌の助けを借りてエクオールに変換されるのです。

つまり、アグリコン型イソフラボンを摂るとエクオールが産生されやすいということになりますね。

 

アグリコン型イソフラボンを摂取できる食べ物は?

アグリコン型イソフラボンを摂取できる食べ物は?

アグリコン型イソフラボンがエクオールをより効果的に生み出してくれることがわかりましたが、納豆や豆腐など、ほとんどの大豆製品に含まれているのは、グリコシド型イソフラボンです。

アグリコン型イソフラボンが多く含まれているのは発酵させた大豆です。

つまり、味噌と醤油です。

味噌と醤油を使った和食が体に良いとされているのには、このような一因もあるのですね。

洋食ばかりではなく、和食を中心にした食生活にすることで、より多くのエクオールが生み出されることになるのですね。

 

以上、女性に人気の大豆イソフラボンについてご紹介してきました。昔から女性の健康や美容に役立つ成分として人気を集めてきましたが、その力の源はエクオールだったということですね。

エクオールの恩恵を受けるためには、和食中心の食生活が理想的ですね。

ぜひ実践してみてくださいね。

 


 

エクオールサプリ

厳選エクオールサプリメント(トップ記事)
女性のな悩みに優れた効果が有るとエクオールが今話題。ただエクオールを作れない女性は半数以上とうい結果もあり効率良く摂取する事が課題です。そこで効率の良いサプリメントが注目人気ですが、多種多様で粗悪な物まであります。私管理人が条件(含有量、品質など)を設け、高品質のみエクオールを3つ厳選してみました。迷われている人はご参考にしてみて下さい。