エクオール生産を検査する方法

エクオールは、女性の体にとって様々な良い効果があるとされている成分ですが、実はエクオールを含む食品はありません。

エクオールは大豆イソフラボンから産生される成分なのです。

そこで、エクオールを体に増やすためには、大豆イソフラボンを摂取する必要があります。

しかし、ここで一つ問題となることがあります。それは、全ての方がエクオールを作り出すことができる体質ではないということです。

日本人女性の半分の方は、エクオールを産生することができない体質と言われています。

それでは、どうやって自分は作り出すことができる体なの、作り出せない体なのか調べればよいのでしょうか。ここでは、エクオール検査についてご紹介したいと思います。

 

エクオール産生の仕組みは?

エクオール産生の仕組みは?

エクオールを体内に生み出すためには、大豆製品を食べる必要があります。

そして大豆製品に含まれている大豆イソフラボンの中のダイゼインという成分が、腸内細菌の助けを借りて、エクオールへと代謝されるのです。

エクオールを含む食品はないので、大豆を体に摂り入れることで、エクオールが増えていくという仕組みですね。

 

エクオール産生菌とは?

エクオール産生菌とは?

このエクオール産生に必要な腸内細菌はエクオール産生菌と呼ばれています。

人間の腸内には、100種類以上、100兆個もの腸内細菌がいるとされています。

人によって腸内環境はそれぞれとても異なるということですね。

そして、エクオール産生菌についても個人差があるのです。

エクオール産生菌が腸内にいない人、少ない人など様々なのです。

エクオール産生菌がない方の場合に、大豆製品を食べても、エクオールが作り出されることはないということです。

しかも、日本人女性の半分は、産生菌がないことによりエクオールを産生できない体質なのです。

そこで気になるのは、自分にはエクオール産生菌があるのか、ないのかということですよね。

その調べ方には2通りあります。

 

エクオール検査とは?

エクオール検査とは?

エクオールいう成分が注目を集めるようになってから、みなさん気になるのが、エクオール産生菌あるか否かということです。

それを調べるための検査が、エクオール検査です。

大豆製品を食べた後の尿の中にエクオールが存在しているか否かを調べる検査になります。

大きく2つの方法があります。

 

病院で調べる

エクオール検査をする病院も増えてきています。かかりつけの病院などに相談してみると良いでしょう。

検査料は、病院によって異なりますが、一般的に4,000円~となっており、保険適応外です。

検査を受けてから結果が出るまで2週間ほどかかります。

また、結果が出たらまた病院がいく必要があります。

病院へ2回行かなければならないので面倒と考える方もいると思います。

しかし、先生にしっかりと相談などができるというメリットもありますね。

 

自分で調べる

エクオール検査キットを購入して、自分で検査することもできます。

通販で4,000円~で購入することができます。

キットが届いたら尿検査をしたものを郵送して結果を待つ流れになります。

病院での検査に比べると、簡単にできるところが嬉しいですね。人気の検査キットとなっています。

 

以上、エクオール検査についてご紹介してきました。

エクオールを産生できる体か否かの調べ方については2通りあります。

女性の方なら、ぜひ一度調べておくと良いですね。ゆらぎ世代の問題に悩んでいる方も、これからゆらぎ世代を迎える方も、自分のエクオール産生菌の状態について知っておくことは大切ですね。

 


 

エクオールサプリ

厳選エクオールサプリメント(トップ記事)
女性のな悩みに優れた効果が有るとエクオールが今話題。ただエクオールを作れない女性は半数以上とうい結果もあり効率良く摂取する事が課題です。そこで効率の良いサプリメントが注目人気ですが、多種多様で粗悪な物まであります。私管理人が条件(含有量、品質など)を設け、高品質のみエクオールを3つ厳選してみました。迷われている人はご参考にしてみて下さい。