納豆でエクオールを効率よく

女性にとって嬉しい効果が詰まったエクオールは、今人気の成分です。

大豆イソフラボンを摂ることで産生されるということで、大豆イソフラボンを多く含む納豆を食べているとい方が増えてきています。

納豆は、古くから日本人の健康と美容を支えてきた非常に大切な食品です。

ここではエクオールと納豆の関係について見ていきたいと思います。

 

エクオールと納豆の関係

エクオールと納豆の関係

エクオールを増やすためには、大豆製品を食べる必要があるのですが、量を考えずに食べていてもあまり効果がありません。

エクオールは1日10mgと摂取量が決まっており、この量を守ることで、効果が出やすくなるのです。

納豆は、この量をクリアするためには1パックが適量です。

1日1パックの納豆を食べれば良いので、とてもわかりやすくて便利ですよね。

また、納豆に含まれている大豆イソフラボンからエクオールが産生されるのですが、納豆には、エクオール産生のための成分が他にも含まれています。

それは「納豆菌」です。

ご存知の方も多いと思いますが。

納豆菌はとてもお腹に良い菌です。

その理由は、腸内の善玉菌を増やしてくれて、悪玉菌を抑える働きが期待されているからです。

善玉菌優勢の状態にして、お腹の調子を良好にしてくれるのです。

エクオールがスムーズに作り出されるためには、良好なお腹の状態であることが必要になります。

いくらエクオール産生菌があっても、腸内環境が悪い状況の中では、エクオール産生菌は活発に活動してくれないので、エクオールが増えにくい状態になります

納豆は、エクオール産生のために嬉しい効果が詰まっている食品なのですね。

しかも1日1パックというのも覚えやすくて良いですよね。

 

おすすめの納豆レシピ

おすすめの納豆レシピ

納豆はエクオール産生のために優れた食品であることがおわかりいただけたと思います。

ここで、この納豆の効果をさらに高めるためのレシピをご紹介したいと思います。

 

  • 納豆+アボガド

アボガド

納豆に小さく切ったアボガドを入れるだけのレシピです。

TV番組などでも紹介されており、定番のエクオールレシピになってきています。

なぜ、アボガドが良いのでしょうか。

それはアボガドに含まれている「水溶性食物繊維」が関係しています。

水溶性食物繊維は不要性食物繊維に比べて腸内細菌に分解されやすく、さらに善玉菌を増やす効果も期待されているのです。

さらにアボガドは、この水溶性食物繊維と不要性食物繊維の割合が、最も理想的とされる1:2の割合なのです。

これにより、お腹の調子を整えてエクオール産生菌の動きを活発にしてくれるという効果があるのです。

しかも、納豆とアボガドは味覚の面でも相性が良いので、とても美味しいですよ。

試してみてくださいね。

 

  • 納豆+海藻

納豆+海藻

納豆にワカメなどの刻んだ海藻を入れたり、海藻サラダに納豆をかけるレシピもおすすめです。

海藻も多くの水溶性食物繊維を含んでいる食品です。

アボガド同様にお腹の調子を整えてくれるので、エクオール産生をしっかりとサポートしてくれるのです。

このように、毎日の納豆に違った食品をプラスしながら、納豆習慣を続けていくと良いでしょう。

味に変化が出て食べやすくなりますし、エクオールの産生もスムーズになるので嬉しいですね。

 

以上、エクオールと納豆の関係についてご紹介してきました。

納豆は、昔から体に良いとされてきた食品です。そして、そして最近は、エクオールの力により女性の体や心にも効果があることがわかってきています。

毎日1パックを心掛けて、すこやかな毎日を送りたいですね。

 


 

エクオールサプリ

厳選エクオールサプリメント(トップ記事)
女性のな悩みに優れた効果が有るとエクオールが今話題。ただエクオールを作れない女性は半数以上とうい結果もあり効率良く摂取する事が課題です。そこで効率の良いサプリメントが注目人気ですが、多種多様で粗悪な物まであります。私管理人が条件(含有量、品質など)を設け、高品質のみエクオールを3つ厳選してみました。迷われている人はご参考にしてみて下さい。