エクオールの作れる人って?

悩める女性の救世主とされるエクオールが、今ブームになっています。

心と体のバランスは乱れがちな女性をしっかりとサポートしてくれる成分なのです。

しかし、どうやって食べれば良いのかわかりずらいという方も多いと思います。

ここでは、エクオールの作り方をご紹介したいと思います。

 

エクオールの作り方とは?

エクオールとイソフラボンの関係

そもそもエクオールとはどんな成分なのでしょうか。

1930年代に、エクオールは妊娠した馬の尿から発見された成分です。

妊娠した馬の尿には高い濃度のエクオールが含まれていることがわかっています。

その後1980年代になり、人間の体の中にもエクオールが確認されました。

この成分の構造を調べて見たところ、女性ホルモンの構造を非常に似ていることがわかり、女性の体のケアに役立てることができないかという研究が進んだのです。

それでは、エクオールの作り方はどのようなものなのでしょうか。

まず大豆イソフラボンが含まれている大豆製品を食べます。

すると、大豆イソフラボンに含まれているダイゼインという成分が、エクオール産生菌の助けを借りてエクオールに変換されるのです。

このような仕組みがエクオールの作り方なのです。

私たちのお腹の中で作られる成分なのですね。

 

エクオールを作れる人、作れない人の特徴は?

エクオールを作れる人、作れない人の特徴は

エクオールは、全ての人がお腹の中で作ることができるわけではありません。

エクオール産生菌の有無や、産生菌があっても元気に活動していなければ、エクオールをスムーズに作り出すことはできません。

エクオールを作れる、作れないという体質は、大人になってからはなかなか変えることが難しいと言われています。それでは、その違いは何なのでしょうか。

エクオールを作れる人の特徴は以下のように言われています。

 

  • 大豆製品をよく食べている。
  • 緑茶をよく飲んでいる。
  • 魚をよく食べている。
  • 野菜をよく食べている。
  • 肉、乳製品をあまり食べない。
  • タバコを吸わない。
  • お腹の環境が良い。

普段からエクオール産生に役立つ大豆、魚、野菜、そして緑茶をよく摂っている人はエクオールを作れるケースが多いです。

また、お腹の環境が良いことも大切です。乳製品はお腹に良いイメージもありますが、普段あまり食べない方の方がエクオールを産生する力があるのですね。

 

エクオールを作れる人の割合は?

エクオールを作れる人の割合は?

日本人の約半分の人がエクオールを作ることができるとされています。

アジア諸国の人のも日本と同じように約半分の人はエクオールを産生できるというデータがあります。

しかし、アメリカやイギリスではエクオールを産生できる人は3割弱と少ないです。

大豆を食べる食生活の国とそうでない国とで差が出ていることがわかります。

また日本人の中でも、50代の女性の場合には51.6%の人がエクオールを作れるという結果が出ていますが、20代の女性の場合には、20.4%の人しか作ることができないという結果が出ています。

欧米化の食生活が増えていることにより、大豆製品を食べない若い人々が増えてきているのですね。

エクオールの産生ができるか否かの体質は、大人になってから変えることは難しいとされています。

大切なことは、子どものころから大豆製品を食べる和食中心の食生活を心掛けることですね。

 

以上、エクオールの作り方、そして作れる体質の人についてご説明してきました。

エクオールは大豆製品を食べることにより、お腹の中で作られる成分です。

そして、エクオールの産生をスムーズにできるかどうかは、子どもの頃からの食生活などに影響を受けているのです。ぜひ、お子様の食生活に積極的に大豆製品を取り入れてあげてくださいね。

 


 

エクオールサプリ

厳選エクオールサプリメント(トップ記事)
女性のな悩みに優れた効果が有るとエクオールが今話題。ただエクオールを作れない女性は半数以上とうい結果もあり効率良く摂取する事が課題です。そこで効率の良いサプリメントが注目人気ですが、多種多様で粗悪な物まであります。私管理人が条件(含有量、品質など)を設け、高品質のみエクオールを3つ厳選してみました。迷われている人はご参考にしてみて下さい。