生産菌にはヤクルトのミルミル

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が変換されてできた成分です。

そして、この変換のためには、エクオール産生菌と呼ばれる細菌の力を借りなければいけません。

つまり、エクオールを増やすためには、エクオール産生菌を増やしておかなければならないのです。

このエクオール産生菌として効果が高いと言われているのが、ビフィズス菌ブレーベ15700という乳酸菌です。

そして、これが含まれているヤクルトの商品「ミルミル」に注目が集まっています。

 

エクオール産生菌について

エクオール産生菌について

エクオールを作り出すためには、エクオール産生菌の力がないと成り立ちません。

また、エクオール産生菌を持っている人は日本人女性の半分と言われています。

持っていてもエクオール産生菌が活発でない場合にはエクオールが産生されません。

いくらエクオールのもととなる大豆製品を食べてもエクオール産生菌の状態が良くなければ、エクオールが作り出されることはないのです。

そこで注目されているのが、エクオール産生菌を増やそうとすることです。

エクオール産生菌には10種類ほどあると言われています。その中でも効果のあるエクオール産生菌がビフィズス菌ブレーベ15700なのです。

ヤクルトが独自に培養して強化したビフィズス菌です。

エクオール産生菌を増やすことができるということは非常に魅力的ですね。

 

ヤクルトの「ミルミル」とは?

ヤクルトの「ミルミル」とは?

ミルミルには、エクオール産生菌として注目されているビフィズス菌ブレーベ15700が入っています。

ヤクルトは創始者である医学博士の代田稔が、予防医学を志して微生物研究を始めたところから始まった会社です。彼の名前をとった「乳酸菌シロタ株」は多くの方に親しまれている乳酸菌です。

1935年にヤクルトが誕生してから、「予防医学」「健腸長寿」「誰もが手に入れられる価格で」をモットーに製品開発に努めています。

乳酸菌を極めているヤクルトの中でもミルミルは代表的な人気商品です。

1978年に誕生した商品で2005年に販売中止、2010年に復活した商品です。2016年にはさらに効果を高めてリニューアルしています。

ミルミルは1本108円で、スーパーやコンビニなどで気軽に買うことができる商品です。

大豆製品を食べているけれどあまり効果が感じられないという方は、ミルミルも合わせて摂り入れること試してみると良いですね。

エクオール産生菌が良好になって、エクオール産生を活発にしてくれますね。

 

ビフィズス菌ブレーベ15700という乳酸菌の効果について

キレイ・デ・エクオールはどのような効果

ビフィズス菌ブレーベ15700は、生きたまま腸内に届く特徴があり、善玉菌を増やし、悪玉菌を抑える効果が期待されています。お腹の調子を整えてくれるのです。

エクオールがスムーズに産生するためは、善玉菌優勢の状態がとても良いとされています。

ミルミルを飲むことで、エクオール産生に良い環境作りができるということですね。

以上、エクオールの産生に良いとされている、ヤクルトの「ミルミル」をご紹介してきました。

エクオール産生菌を含んでいるという特徴があります。

エクオール産生菌は増やしていくことも可能と言われています。

大豆製品を合わせて、エクオール産生菌を増やす工夫もしていくと良いですね。

ヤクルトのミルミル公式サイト

 


 

エクオールサプリ

厳選エクオールサプリメント(トップ記事)
女性のな悩みに優れた効果が有るとエクオールが今話題。ただエクオールを作れない女性は半数以上とうい結果もあり効率良く摂取する事が課題です。そこで効率の良いサプリメントが注目人気ですが、多種多様で粗悪な物まであります。私管理人が条件(含有量、品質など)を設け、高品質のみエクオールを3つ厳選してみました。迷われている人はご参考にしてみて下さい。