エクオールで医薬品はないの?

エクオールについて調べていると、ゆらぎ世代の不調のために病院へ行った方がエクオールサプリメントを勧められるというケースが多くありました。

また、婦人科専門医の方が開発したエクオールサプリメントなどもあり、エクオールは医薬品であるというイメージをお持ちの方もいらっしゃるようです。

エクオールは医薬品として販売されているのでしょうか。見ていきたいと思います。

 

エクオールは医薬品?

エクオールは医薬品?

エクオールは栄養素であり、食品に分類されていますので、医薬品ではありません。

エクオール配合のサプリメントも食品というカテゴリに入ります。

病院で進められる場合にも処方されたり保険が適応になることは一切ありません。

普通に通販などで購入する場合と同じ値段で販売されます。

医薬品は即効性がありますが、体に負担がかかったり副作用が起こる心配もあります。

逆にサプリメントは、即効性はありませんが、体にゆっくりやさしく働きかけるので、副作用が起こったり負担がかかる心配はありません。

 

病院でのホルモンケアとは?

病院でのホルモンケアとは?

エクオールは医薬品ではなく食品であり、女性の体に効果をもたらしているのは、大豆イソフラボン自体ではなく、そこから作り出されるエクオールによるものだったのです。

エクオールは女性ホルモンと同じ働きをする成分として、女性ホルモンをやさしくサポートしてくれると期待されています。

それでは、病院で同じようにホルモンバランスをケアする場合には、どのような方法があるのでしょうか。

西洋医学においては、ゆらぎ世代の不調に直接働きかけるために、女性ホルモンであるエストロゲンはプロゲステロンを補充する方法があります。

治療にはホルモン剤を使用することになります。

また、東洋医学では、女性特有の不調そのものに働きかけるのではなく、総合的に体質を改善することによって、女性特有の不調をケアすることを目的とします。

東洋医学の場合には、薬草などから作られた漢方薬を使用します。

西洋医学の医薬品のような即効性はなく、ゆっくり効き目が出てくるのが特徴です。

また、体が持っている本来の治ろうとする力を高める効果もあります。

ゆらぎ世代の不調に悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

現代女性はストレスや疲労などの問題も合わさり、この不調が深刻化していく方も少なくありません。

食事やサプリメントなどで改善することが難しい場合には、病院で的確な治療を受けることも大切ですね。

 

 

以上、エクオールは医療品かどうかという疑問について見てきました。

エクオールは食品であり、医療品ではありません。女性ホルモンと似た成分という特徴があるのです。

しかし、ゆらぎ世代の不調が重症化してしまった場合には、病院で治療を受けるという選択肢もあります。

その場合には、女性ホルモンに似た成分エクオールではなく、女性ホルモンそのものを補充する方法もあります。

副作用の心配などはありますが、どうしてもひどい状態の方の場合には、検討してみるのも良いと思います。

 


 

エクオールサプリ

厳選エクオールサプリメント(トップ記事)
女性のな悩みに優れた効果が有るとエクオールが今話題。ただエクオールを作れない女性は半数以上とうい結果もあり効率良く摂取する事が課題です。そこで効率の良いサプリメントが注目人気ですが、多種多様で粗悪な物まであります。私管理人が条件(含有量、品質など)を設け、高品質のみエクオールを3つ厳選してみました。迷われている人はご参考にしてみて下さい。